園の紹介

園長挨拶

  • 画像
  • 画像

子供が自由に跳ね回り、友達と仲良く過ごした
幼児時代の思い出を作ってあげたい

幼児期は遊びを通して運動機能・物事に対する興味が急速に高まる大切な時期です。
遊びはとても大切なもので、幼児期の生活のほとんどは遊びで占められています。

子ども達は遊びの体験を通して人間形成の基礎となる豊かな心情、物事に自分から関わろうとする積極的な意欲、健全な生活を営むための知恵や必要な態度・技能を身に付けていきます。

子ども達が思いっきり走り回ることができ、自然豊かで虫たちが飛び交う広大な芝生園庭を中心に、何もないところから遊びを見つける力や、友達と協力する力を身に付けることを目標にしています。

また、子どもが大好きで寄り添うことのできる先生を配置し、健やかな成長を見守っています。
子ども達は外遊びだけでなく、保育室の中では制作や話を聞く場面があります。
その時は静かに、先生の目を見て聞くことを自然に学びます。

メリハリのある教育 これを大切にし子どもの成長を促します。

園長 高橋 大